賀正

仕事と生活の一体化による相互作用・相乗効果、これを”ワークライフシナジー”と呼ぶらしいです。

どうせ人生の多くの時間を仕事に費やす生き方を選ぶのなら、そんな生活もまた楽しかろう。

というわけで今日はこれから、コード進行表を作ったり、ドラム譜を作ったり、メロ譜とハモリの符割りのチェックをしたり、アレンジの見直しをしたり、プロツールスに流し込むパラデータの準備をしたりと、充実した仕事の時間です。


60人のフルオケがスッポリ入るスタジオとか人生2度目・・・。1度目の青山ビクターの301st(401st=通称”サザン・ルーム”の下)の時は、だだっ広いスタジオのど真ん中にドラム1台のみセットしてのレコーディング・・・、あまりの心細さにトイレでえづいてました。


ここのコントロールルームにはSSLの6064Gが入ってるみたいです(ビクターの202stに入ってるヤツや・・)。今Cubaseで作っているオーディオのパラデータを当日このシステムへ流し込んで、そこへ生楽器を録音していきます。当日僕はエンジニアやプロデューサーと一緒にこちら側、ino先生はメインルームでミュージシャン相手にディレクション。

弟子が出世してくれた(しつつある)おかげで、このところ”モノ知りおじさん”から”ミュージシャン”へと現場復帰。嬉しいですね。以前は演奏、今は制作と、ポジションは変わっちゃったけど。

家でシコシコも悪くはないけど、やっぱり現場ですね。ミュージシャンは現場に携わって人と交流していないと、音にもハリがなくなってきます。

去年はいろんなことが動き始めたので、ことしは波に乗せるのが目標。

教室の方は、バンド、学割、アレンジグランプリ・・・、アレンジグランプリ!! あーいけない忘れてるわコレ。すぐやりまーす!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次