素晴らしい音楽に説明は要らない

船橋です。

これは確か僕が二十歳前後だった頃、ニッカ・ウイスキーのテレビCMで使われたコンテンツ。

1. Ombra mai fù – Xerxes – Handel
2. In Trutina – Carmina Burana – Orff
3. Nacht und Träume – Schubert

Visual Director : Akio Jissouji

もし普段あなたが、”ジャンクフードのようなジャンル”の音楽を作ることを楽しみとしていたとしても、素晴らしい音楽に出会った時の感動は、あなたの音楽に必ず良い意味での影響を与えると僕には思えるのであります。

そういえば、普段ボカロ曲を作っている生徒が、声楽について「ニッチですね」と言っていたとか。しかしながら地球規模と人類史で”音楽の全体像”を捉えるなら、ボカロという”極東の小国発のサブ・カルチャー(と言ってももうほとんどオワコンですが)”に対して、こちらは”カルチャーのど真ん中”、「これぞ音楽」なのであります。

趣味であれ仕事であれ、クリエイティブなことに関わるのなら、たとえ実際に作るものがどんなジャンルのものであろうとも、目の前の小さな枠に囚われず広い視野を持つことが、より良い作品を作るための重要なカギのひとつだと、僕は常々感じています。

生徒にはぜひ様々な音楽を聴いて、多種多様な素晴らしい音楽のエッセンスを吸収して欲しいと、心から願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次