現場(後編)

>前編より

しかしこれらと同時に、”ナメられない”ということがまた重要です。レコーディングやリハーサルには色々な人が集まるので、その中にはナメてかかってくる人もいます。ナメられないためには、誰にでも頭を下げながらも、卑屈な態度にならない。もし自分がまだ”駆け出し”で自信が無くても、絶対に自信が無さそうにはしない。

そして自分が能力を発揮する場になったら(それはディレクションだったり、指揮だったり、演奏だったり、問題解決の局面だったり)、その時は即断即決で一切の迷いなく、自分が出来る最良の結果をズバッと出す。居合抜きのように。そのレベルが高ければ、ナメてかかってきたバカがこのタイミングで静かになります。そしてまたしっかり頭を下げて謙虚な態度を保つ。必要なら気配を消す(時にリハやレコーディングでは、まるでそこに自分がいないかのように気配を消せる能力が必要になる時もあります)。

このように、この世界ではコミュニケーション能力が高くないと、どんなに演奏が良くても、曲が良くても活動の場が広がりません。そんな世界でino先生は今年2017年に猛烈な勢いで活動の場を広げました。おかしなことを言ったりやったりする心配がないので、今日のレコーディングにも送り込めました。今頃壁にへばりつき息を殺して流れを見つめているか、名刺を配っていると思います。

30年くらい前の音楽業界だと、芸能界かぶれの頭のおかしな老害や、ハッタリだけのプロデューサーとかがウヨウヨいて(トップクラスの方達は別ですよ)、当時の音楽の仕事はメンタル的にしんどいものも少なくありませんでしたが、今は世代も交代し、一般人と変わらないまともな感覚の人が増えたので、色々なことがビジネスとして粛々と進むようになりました。関係者の中でも比較的若い人の方が、50代60代よりも礼儀正しくてきちんとしている場合が多く、昔よりずっと仕事がし易くなったと感じます。教室にはプロへの見込みが少しはありそうな生徒が数人いますが、ぜひこの世界に飛び込んでいって欲しいものです。

 
 
 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次