Ozone de マスタリング Part1

最近、ジワジワと仕上がりを求められるようになってきたので、ここ最近、マスタリングについて少しまた勉強をしてみました。

僕はもともと本格的にエンジニアの仕事(メジャーレーベルからCDがリリースされるような)についていたわけではないので、自分自身まだまだ伸び代がいくらでもありまして、これまでの認識やアプローチが間違っていたのでは?と思うこともしばしばです。

長年ジャニーズエンターテイメントでKinKi Kidsのエンジニアをしてきた満田くん(仕事仲間というかスキー仲間というか温泉仲間というか飲み仲間というか)に、ひと通りは教わったけど、10年も寝不足続きの下働きでシゴかれ続けてようやく一人前っていう世界ですから、友達にひと通り習っただけじゃあ・・・ね。

というわけで自分にも苦手意識があったマスタリング。最近の勉強で少し伸びたような気がするので、備忘録も兼ねて、チマチマと自分自身の新知識(世間では常識でも)や基礎的なノウハウなどを綴っていこうと思います。

連載には、iZotope社のOzone7を使っていこうと思っています。これクッソ安いのに仕事でも必要十分なんですよ。笑っちゃうよもう。

iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone7(サウンドハウス)
iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone7(サウンドハウス)

iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 7 Advanced(サウンドハウス)
iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 7 Advanced(サウンドハウス)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次