最近のレッスンでこんなんやりました

非常に手間のかかったアレンジとレコーディングですね。ミックスのクォリティも今のアイドルソングとは比べものにならない。山口百恵に始まった”日本のピンアイドルの歴史”の終点がココって感じがします。

ブルース進行の参考曲として。ブルースは4小節3段の計12小節ですが、1段目を2回繰り返しているバリエーションもしばしばですね。この延長線上にジャニス・ジョプリンがいるような気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=tfJ-q0VFe_g&w=350&h=197

コード進行分析の題材として。僕は80年代の曲を聴くとホッとするか残念な気分になるか両極端ですが、これは完璧に前者です。メジャーキーの中でIVm7-bVII7とかやられるとキラキラキュンキュンですわ笑

イントロのピアノを演奏したいということで、テンションやボイシングを含めたイントロ分析として。難しくないのですぐに弾けると思いますが、ブルースピアノ、ジャズピアノ、このあたりをしっかり聴き込むなり弾き込むなりしないと、”音を出す順番が合っているだけ”の演奏になります。精進精進。

ソプラノペダルの参考曲のひとつとして。リズムのドライブ感とかキレとかがものすごいでしょう。打ち込みではこんな芸当はできませんね。”超”のつく一流のミュージシャンが集まるとこういうことが出来るという見本でもあります。

「すごくキレイな曲なんです!」と生徒が教えてくれました。ピアノという楽器の高速アルペジオは、他のどんな楽器にも近づくことのできない特別な世界が広がりますよね。
https://www.youtube.com/watch?v=nQnxd2BRv_c&w=350&h=197

今日のオマケはジャニス・ジョプリン。ロックの魂ここにあり。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次