「いよっ! 日本二!」ゲロゲロ

NHK全国学校音楽コンクール。NHKと全日本音楽教育研究会が主催する合唱コンクールです。日本は世界の中でも最も合唱が盛んな国のひとつですが、このコンクールは、言わば合唱の世界の”甲子園”のようなものです。

生徒の中に、ハープ(ブルースじゃなくて、オーケストラで使う方)のアマチュア・サークルを立ち上げ、牽引されている女性がおりまして(作曲を勉強中)、実はその方の小学6年になる娘さんが、この10月に行われた同コンクールの小学生の部で堂々の優勝(金賞)、みごと”日本一”に輝かれたということで、僕は高校の吹奏楽の全日本コンクールでは銀賞でしたので、「おめでとうございます!」と言いながら、かなり悔しい笑

このお母さんの日頃の頑張りも相当なものです。息子の方はこれまた”本格的”にテニスをやっていて、テニスの息子と合唱の娘の送り迎えやら練習の付き添いやら、そして家事を万事こなして(←ここは僕の想像)、さらに既存曲をハープ用にアレンジして楽譜を書き、ハープの練習会を開き、そして自分の作曲の勉強、と。

レッスンの最中もひっきりなしにメールやらラインやらで「すみません!ちょっと待ってて下さいね!」と連絡を取って、「お待たせしました!」と復帰。商社マンみたいなアクティビティ・・・。それでいてちゃんと作曲の宿題をやってくるからエライ!!

僕はよく「倒れないで下さいね」と言ってますが、こういう方は基本、丈夫です笑 でも自分のタフさを過信して動き過ぎると僕の姉みたいに急性腎盂炎で、ある朝突如ベッドから起き上がれなくなったりするので要注意ですね。

先日、高校の吹奏楽の後輩が、NHK交響楽団の首席ホルン奏者になっていたことを知って驚いた話をフォーラムに綴りましたが、”日本一のオーケストラの首席奏者”、”合唱コンクールで日本一”、と続いたことで、”日本二”止まりの自分としては、残りの人生の中で、何かしらほんの一瞬でもいいので「”日本一”になってやるぞ!」と画策中なのであります。

・・・だって悔しいじゃん!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次